上にもどる
close
close

各種工法

TOP 各種工法

リーダーを搭載したベースマシンのクレーンにて掘削を行う工法

⼯法説明

1
【独自ノウハウ】大型リーダー アボロンリーダーは通常『 330 x 330 』サイズの物を使用しますが 弊社では『 400 x 400 』の大型特殊リーダーでの施工も可能な為 大規模山留工事やロックオーガ工法に対応することも可能です。
2
ベースマシンの選定 ベースマシンはラフタークレーンとクローラクレーンが通常使用されます。 ラフタークレーンは公道を自走できるので、機動力があり打設基面までの高低差が比較的少なく ベースマシンの据付が可能な現場で活躍しています。
3
オーガの選定 各ベースマシンの クレーンのブーム先端にリーダーを装着し、リーダーに搭載したオーガにて掘削を行う工法です。 搭載するオーガは施工に合わせた規格のものを取り付けて施工に使用します。

⼯法フローチャート

画像をクリックすると拡大します。

施工写真

画像をクリックすると拡大します。

弊社では一般的にはあまり使用されていない大口径掘削対応の大型リーダーを採用することで、高トルクを発揮する大型減速機の反力に耐えることができます。

施工機械: 施工内容: 撮影時期: 撮影場所:

施工機械: 施工内容: 撮影時期: 撮影場所:

⼯法関連資料

ファイル名 説明
dummy.pdf ダミーファイル ダウンロード

お問い合わせ

お気軽に
ご相談ください!

お気軽に
ご相談ください!