上にもどる
close
close

各種工法

TOP 各種工法
仮設工事

ロアードリル工法

急傾斜地での杭施工に最適な低重心ロータリーテーブル使用工法

⼯法説明

1
高低差のある場所での施工 急傾斜地や施工基面と機械据付面との差が大きい場合、作業半径内が大きく 通常の機械では作業半径が足りない場所での工事で威力を発揮します。
2
地層状況に応じた掘削方法の選定 地層状況に応じてスクリュー掘削・ダウンザホールハンマ掘削・トローウェル掘削を使い分けることができます。
3
低重心設計 『ターンテーブル型』の掘削機ならではの、低重心でコンパクトな利点を最大限引き出すことにより、安全・確実かつスピーディーな施工が可能となりました。
4
低コスト施工 1台のベースマシン(クレーン)を導入するだけで掘削から架設まで一連の施工を対応可能です。
5
高精度施工 リーダーレスであるものの、低重心設計から杭芯ズレが少なく、鉛直精度が高く、山岳部の高速道路や鉄道近接現場で活躍中です。

⼯法フローチャート

画像をクリックすると拡大します。

施工写真

画像をクリックすると拡大します。

施工機械: 施工内容: 撮影時期: 撮影場所:

施工機械: 施工内容: 撮影時期: 撮影場所:

施工機械: 施工内容: 撮影時期: 撮影場所:

⼯法関連資料

ファイル名 説明
dummy.pdf ダミーファイル ダウンロード

お問い合わせ

お気軽に
ご相談ください!

お気軽に
ご相談ください!