上にもどる
close
close

各種工法

TOP 各種工法
仮設工事

吊り下げ式工法

急傾斜地や河川などの崩壊層に対応した掘削工法

⼯法説明

1
高い施工精度 支持杭打設位置に対して導枠(定規材)を組み施工を行います。 導枠を組むことにより急傾斜地や河川などに対しても鉛直精度を確保した状態での掘削が可能となっています。
2
崩壊層への施工が可能 ロアードリルでは適用ができない『ケーシング併用』ができる為、河川等の 玉石層・転石層等の崩壊層や孔内水位が高位な場所に対しても施工を行うことが可能です。
3
独特の反力確保方式 掘削時に必要な反力は吊り下げた減速機に対して2本のワイヤーを張り出し 別の固定物(導枠材など)に固定することによって確保し、減速機本体の回転を防ぎます。

⼯法フローチャート

画像をクリックすると拡大します。

施工写真

画像をクリックすると拡大します。

施工機械: 施工内容: 撮影時期: 撮影場所:

施工機械: 施工内容: 撮影時期: 撮影場所:

施工機械: 施工内容: 撮影時期: 撮影場所:

⼯法関連資料

ファイル名 説明
dummy.pdf ダミーファイル ダウンロード

お問い合わせ

お気軽に
ご相談ください!

お気軽に
ご相談ください!