上にもどる
close
close

各種工法

TOP 各種工法
仮設工事

拡大ビット工法

ケーシング併用硬質地盤掘削工法

⼯法説明

1
特殊形状ハンマビット&ケーシング併用工法 大量のエアーを先端から吐出する掘削原理は通常のダウンザホールハンマ工法と 同様ですがビットの先端が正回転で『拡大』、逆回転で『収縮』する 特殊なハンマービットとケーシングを併用する工法です。
2
孔壁保護や差水対策に最適 正回転でビット先端を拡大させケーシングと同時に掘削を行い、所定の深度で逆回転をして ビット先端を収縮、ケーシングを脱離・残置させることで孔壁保護を行います。
3
崩壊層の掘削が可能 リングビット工法同様、一般層や岩盤層はもちろん、通常のダウンザホールハンマ工法では 施工が困難な玉石層や転石層などの崩壊層、孔内水位が高位な場所まで 幅広く対応することが可能です。

⼯法フローチャート

画像をクリックすると拡大します。

施工写真

画像をクリックすると拡大します。

施工機械: 施工内容: 撮影時期: 撮影場所:

施工機械: 施工内容: 撮影時期: 撮影場所:

⼯法関連資料

ファイル名 説明
dummy.pdf ダミーファイル ダウンロード

お問い合わせ

お気軽に
ご相談ください!

お気軽に
ご相談ください!